顔デブの悩み|顔デブの私が実際にしている対策を紹介

【40歳女性】
小さい頃から顔が大きいことが悩みでしたが大人になると身長が低いため、ますます顔が大きく見えることにコンプレックスを抱くようになりました。

だいたい5投身くらいではないかと思います。

そのため、写真に写ることが大嫌いで、ほとんど自分の写真が残っていません。

中学生のときに、男子に顔の大きさを指摘されたことで、男性に対してもまともに目を合わせることができず、いつも俯き加減になってしまいます。

具体的にしている対策としては、メイクでは必ず頬や顎のラインにシャドウを塗って、影を作るようにしています。

こうすると、少しではありますが、顔が小さく見える(あくまで錯覚ですが)ためです。

また、髪型はなるべく顔を小さく見せるために、いつもショートかボブにして、髪の毛にボリュームが出ないようにしています。

ロングヘアやパーマヘアに憧れを持っていますが、顔の大きさを考えると怖くてそんな髪型にはできません。

また、どうしても写真に写らなければならないシチュエーションのときは、なるべく後ろのほうに立つようにしています。

遠近法を使ったささやかな努力ですが、何もしないよりはマシかと思いますので…。

ファッションに関しては、なるべく身長が高くなるよう、いつも8センチ以上のヒールの靴を履いています。

外反母趾になり痛みがありますが、やはり少しでも背が高い方が顔の大きさが目立たなくなると思うので、我慢して履いています。
【29歳男性】
私は体格の割に顔と頭が大きく、前の職場では芸人のように顔がデカいからといじられストレスを溜め込んでました。

そして鬱になりかけて職場に行くのが毎日苦痛でした。

なぜ、そこまで苦痛だったかという上司だった人がコミニケーションの一環としてだと思うのですが人のことをバカにして回りの人を笑わそうと日々ネタ探しをしていたからです。

その変な性格のせいで、その人と出会うまでは言われたことがなかったのですが体格の割に顔がデカいね(顔デブだね)と言われとても嫌な思いをしました。

結局は、その会社をストレスでやめてしまい転職することにはなりました。

しかし、一度そんなことお言われたら気になるもので対策を色々としました。

まず、顔が少しでも小さく見えるように髪の量が多いので美容室へ行った時には普通の人より多くすいてもらい頭を軽量化することにしました。

すると、多少は効果があったようでやせた?顔小さくなったと言われることが増えました。

次に、行ったのはジムへ通って体全体をやせることにしました。

顔が膨れ上がっているのは、お腹や背中回りなど全体的に太くなっているから顔が水風船のよう膨れて見えるのではないかという見解にいたったからです。

すると、効果てきめんでした。

会うたび会うたび、病気かと思うくらい細くなったねーとか痩せたんじゃないと言われるようになりコンプレックスだった顔デブから少し開放されました。

昔、顔デブをいじってきた上司を見返せたのではないかと思うのでよかったと思います。
【43歳女性】
私はもともと痩せ型で背が高い方なのですが、どういうわけか顔だけ肉付きがよいタイプです。

小さなころはほっぺたがまん丸で可愛い!と言ってもらえていて、20代くらいまでは童顔で通っていたのですが、本当は顔の輪郭のはっきりとしたシャープな顔に憧れていました。

凹凸のあまりない日本人顔ということもあり、いわゆる「デブ顔」になってしまうと、体型との釣り合いが取れていないように感じます。

その根拠として、顔や上半身だけの写真だと単に太った人にうつるようで、会社の面接などで「写真とイメージが違うねぇ」と言われることが多くありました。

また一般的に顔はたるんで年齢と共に大きくなってきてしまうので、40代になった今では「これ以上顔デブになったらまずい!」と危機感を感じています。

本当はリンパマッサージなどを経験してみたいのですが、現在子育て中ということで余裕がないので、ネットで自分でできるリンパマッサージを調べて毎日のメイク落しの時に行っています。

美容家の田中宥久子さんが発案した「造顔マッサージ」がマッサージクリームを使って出て行うものでなんの道具も要らなず、素人でも簡単に行えるため続けています。

効果はフェイスラインが変わるほどには感じられていないのですが、目の周りが腫れぼったいときにはすっきりする感じがします。

小顔には憧れますが、今さらそれは望まず加齢に伴いこれ以上顔デブにならないように現状維持できたらという気持ちで励んでいます。

また顔デブの少ないメリットの1つなのかどうかはわかりませんが、年齢の割にはシワはないほうなので、保湿を徹底し長所も維持していきたいと思っています。

赤ら顔を治す方法|実際に赤ら顔を治してコンプレックスを打破した体験談